DiSC(人間の行動特性)

驚くべきDiSCの世界

DiSCって何?

人間の本質は変わらない。人間の本質は変わらない。
その周りの性格は培われたもの
その周りの態度は躾(しつけ)による
その周りの行動。
その特徴を分析し、自分と他人との違いについてより深く認識するための考え方の道具です。

誰にでも分かりやすく使い勝手がいいのが特徴です。
DiSC Classicという世界中で30年間に4500万人が受講している教材を使いながら、セミナー形式で最低約2時間半かけてご理解頂くものです。
HRD(株)日本での版権所有 http://www.hrd-inc.co.jp/website/disc_classic.html

ここでは簡単にご紹介します。

何が起こっているのか

会社には様々な能力を持った社員さんがいらっしゃると思います。
この部署に彼の緻密な考えを導入したい。ここには彼女の機転の利いた仕事振りが必要だ。
そう思って優秀な社員を配置したものの、どうもうまくいかない。そんなことは起こっていないでしょうか。

それは仕事に求める特性と、その人自身の行動特性が合っていない事が考えられます。

例えば、
1.自分で決めて行動するのが早い。明確な目標や成果に対する報酬を求める人に、「決められた事だけやっていればいい。」という関わりをする。これはNGです。
試してみると分かりますが、表情が曇り、瞳は死にます。最も嫌がる関わりだからです。

又逆に、
2.毎日同じような仕事をキッチリこなし、むしろ新しい仕事に挑戦する事が苦手な特性の人に、「結論から言え。○○だと言っているだろう!」と威圧的に関わる。これも機能しません。

さらに、
3.皆を動議付け「一緒にやりましょうよ」と呼びかけてくれるその人に、「その根拠は?」と冷たい視線を浴びせようものなら、意気消沈です。二度と這い上がれないショック。大げさなようですが普段明るく振舞っている心の奥底はかなり傷ついています。

又逆に、
4.「根拠は?」と聞かれて喜ぶのが、業務の中での膨大な資料を眺め、いとも簡単に数値的な違いを見つける人。
この人に「まぁ。そこの所、適当にやっておいてくれ。」何て言おうものなら、ジロッと冷たい視線で聞き返されるかもしれません。
「それは、どのような事が評価基準ですか?」

どうですか?それぞれにやや誇張していますが、似たような人を思い浮かべられましたか?

なぜそうなるのか

DiSCこのように、人には特性があるにも関わらず、それを無視した仕事の指示や役割を与えていくと、社員がやる気を失っていきます。個々に疑問に思う場所、動くポイント、やられたくない事が違うからです。
DiSCとは、人間の特性を4つの分野の強弱で表した行動心理学上の理論です。
上記の例で1.はD(主導)、2.はS(安定)、3.はi(感化)、4はC(慎重)となります。

また、業務上の知識や手順。考え方は習得したとしても人間関係が上手くいかないことで「言ったはずが伝わらない。」という事態になりかねません。

どうすればいいのか

仕事なら何でもこなす必要がある。もちろんそうです。
でも、相手の特性を生かすとどうなるでしょう。

このセミナーでは、まずDiSC Classic(行動特性を調べる教材)を使い、ご自分の特性を理解し、DiSCの意味を知ります。その上で周りの人と良い関係作る方法と、組織の中でどう活用していくかをお伝えします。
実際に人間関係で生かす上での疑問を扱いながら皆様で考える時間を設けたいと思います。活用されなければ知識はそれで終わり。現場の社員さんが輝いてこそセミナーです。

わたしの体験

私はDiSCでいうと感化のiが強いのですが、反対側のCの方の厳しい批判に傷ついていました。
近寄りたくないです。でも最初にセミナーをやるって決めて、Cさんの所へ思い切って「お願いします」と相談に行った所、快く引き受け自分の持っている大切な資料を頂きました。
その時から今もどんなに励まされたか分かりません。

DiSCへ思い

私がDiSCを多くの皆様に知っていただきたい理由は、相手の周りにある特性に惑わされず、中にある良いものと引き合って欲しいからです。
「嫌なやつ」と思っている相手ほど多くの情報を持っています。
隠された相手の成長を願う気持ちに気づくとき、感動せずにはいられないのです。

みなさん。職場や家庭で本当のことを伝えていますか?裏腹の事をされていませんか?
是非一度、DiSCセミナーを受けてみてください。

体験者の声

初コーチングは、期待以上に自己分析でき、また他者との付き合い方、表現などを具体的に考えることができ、大変有意義でおもしろいものでした。

手法としても、科学的、論理的な手法と、会話によるうまいリードと解説とが組み合わされ、とても、すばらしいものと感嘆しました。
DiSCそれぞれのタイプに合わせた対応方法はとても有効だと思いますが、今日一日で習得にまではさすがにいかないので、今後さらに具体的に相手や場面を考えながら、ならばこう対応しよう、ということを考えて身に着けていきたいと思います。
(ベンチャー企業社長・・・コーチングの初回にDiSCミニセミナー実施後の感想)