お勧め本

岡本太郎の世界に見る言葉たち。『強く生きる言葉』より。

強く生きる言葉1.他人が笑おうが笑うまいが自分で自分の歌を歌えばいいんだよ。

2.自分をつらぬいて生きている人がいたら、そういう人をみつけてつきあうことだ。

3.孤独感をもっているのはキミだけじゃない。
人間全部が孤独感をもっている。

4.一番大切なのは自分自身にうち勝って、自分の生きがいを貫くこと。
これがいちばん美しい。

5.一流だから知りたい。好きになりたいなんていう、さもしい根性を持たずに、自分のほんとうに感動する人間を探し、つかまえるんだね。

6.そんなに力まずにチッポケなことでもいいから、心の動く方向にまっすぐ行くのだ。失敗してもいいから。

7.ほんとうの調和というのは、お互いに意見をぶっつけ、フェアにぶつかりあうこと。

8.きれいだとも思わないのに、なにか惹きつけられる人がいるだろう。
そして、その人がすばらしい女性だったら、つきあっているうちに、内の方から美しさがかがやいてくるような感じで、ついには、ほんとうにきれいであるような気さえする。
そんな人は美しい。

9.順番なんてほんとうの人間の価値とは何の関係もないんだよ。

10.ぼくはきみの心のなかに実在している。
疑う必要はいっさいないさ。そうだろ?